性器のみじゃない?カンジダの詳しい症状

カンジダは皮膚や消化管や口の中、膣などに常在しているカンジダ属のカンジダアルビカンスが増殖して起きる感染症です。
カンジダ属は通常は酵母の形態で、私たちの体の上記の場所に住み着いています。
通常は何も悪さはしませんが、風邪をひいたりストレスや過労で免疫力が低下したときに暴れ出したり、性交渉でうつったりします。

カンジダ症は表在性カンジダ症と深在性カンジダ症に分けられます。
表在性は皮膚や性器、口の中、食道にできるものです。
深在性には眼内や心臓、肺、肝臓などにできます。

性器と性器による性交渉でカンジダになった場合は、女性は膣カンジダに男性は亀頭包皮炎になります。
女性では、外陰部が赤く発赤したり腫れたりして、白いヨーグルトやカッテージチーズのようなおりものが増えます。
おりものは生臭いようなツンと鼻をつくような臭いを放ちます。
男性が亀頭包皮炎になると、発赤や疼痛が起こります。

最近は男性性器を口の中に入れるオーラルセックスが一般化しているようですが、性器と口での性交渉で口腔カンジダになるケースも増えています。
口腔カンジダになると、口の中にミルクかすのような白い苔ができたり、まれに潰瘍になることもあって痛いです。
この白い苔状のものは容易に剥がれます。ひどくなると咽頭や食道にまで広がることもあります。

口の中にカンジダができた場合は、自分の目で見ることができます。通常の口内炎とは違うということが見ればわかるはずです。
白い苔状のものはすぐにはがれるために軽視して放置しがちですが、この状態でオーラルセックスを続けると、感染を広げることになってしまいます。
異変に気付いたら、口腔外科かかかりつけ医を受診してください。

カンジダ菌は元々は私たちの体の中で共存している常在菌で、既述のように風邪をひいたりストレスや過労状態のときに暴れ出すのですが、それ以外にもリスクが高くなる人がいます。
糖尿病の人やステロイドや免疫抑制剤を服用している人は要注意です。
また、長期間抗生物質を飲んでいる人や口内炎などでステロイド軟こうを長期間塗り続けていると菌交代現象で、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

男性がカンジダにかかりにくいのはどうして?

性交渉による性器カンジダは、女性に多く男性はかかりにくいという特徴があります。
これはなぜでしょうか。

それは、男性性器は外に露出しているということが大きいです。
男性性器は容易に洗うことができます。シャワーをあびれば、カンジダ菌も洗い流れてくれます。
それに対して女性の膣は露出していないので、シャワーを浴びても膣の中に住み着いているカンジダ菌は洗い流れません。

また、オーラルセックスをした場合も女性の方が口腔カンジダになりやすいです。
男性が女性性器を舐める場合、膣の奥深くまで舐めることはできないでしょう。女性性器の表面だけを舐めることしかできません。

それに対して女性の場合は男性性器を口の中に入れると、5センチ以上も奥深くまで入れることも可能です。
奥深くまで入ると、やはりその分だけ感染するリスクが高くなります。

さらに、女性の方が症状が出にくく気が付きにくいということも特徴です。
女性の場合は、おりものが増えたり、おりものの性状がいつもと違って白いヨーグルトのようになったり、おりものが臭うという程度です。
多少のかゆみはありますが痛いという症状はないので、気が付かないケースもあります。

最近はおりものシートを使う人も増えました。
下着にヨーグルトのようなおりものがついていたら「あれ、これは何だろう」と気づきやすいでしょうが、おりものシートだとみることもなく捨ててしまう人が大半でしょう。
また、おりものの量が増えていてもおりものシートだと不快感がないので気が付きにくいです。
中には、外陰部のかゆみやおりもののにおいがあっても、夏場だと暑くて汗を掻いたからだろうと思ってしまう人も少なくありません。

それに対して男性の場合は、痛いという症状があるので気が付きやすいです。
また亀頭が赤くなっていたら見ればわかるので女性よりも気が付きやすいです。

カンジダに感染していることに気が付かずに性交渉を続けると、カンジダを広めてしまうことになります。
時々は自分のおりものの状態も見てみましょう。
おりものの量が増えたり変な色になっていたり臭いがある場合は、婦人科を受診してください。